マイクロ化学

WHAT'S NEW

業界初*¹、ガラスモールド工法によるマイクロ化学チップの量産化技術を開発

ニュースリリース

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)とマイクロ化学技研株式会社(以下、マイクロ化学技研)は、マイクロ化学チップ(マイクロ流路チップ)のガラスモールド工法による量産化技術を共同開発しました。この技術は従来のガラスエッチング工法と比べ、大量生産が可能になると同時に、低コスト化(約1/10)及び高精度化(約10倍)を実現します。本チップは医療・バイオ・環境(水質・空気)などのセンシング/分析用のデバイスとして、2019年度内に試作受注 を開始し、2020年度以降の量産化を目指します。
なお、11月19日~21日にアクトシティ浜松(静岡県浜松市)で開催される化学とマイクロ・ナノシステム学会 第40回研究(Cheminas40)において、マイクロ化学技研より本チップの発表および出展をいたします。

詳細は、こちらのPDFをご覧下さい。
ここをクリック→→→ マイクロ化学チップ量産化技術開発 20191106

 

*¹:2019年11月06日現在、パナソニック調べ